のしもち名古屋

つきたてもち販売|名古屋の杵つき餅|美味しいのし餅|正月もち|のし餅とは|米は米屋 餅は餅屋|玄米餅|こわもち|黒糖もち|つきたて餅の持ち帰り|餅レシピ・餅レンジ・餅アレンジ

つきたて餅名古屋

つきたてもち販売|名古屋の杵つき餅

善太郎Zentaro・小川屋米穀店では冬の間(11月中旬から3月くらいまで)杵つきつきたてもちを
販売しています(火曜日限定)

米屋であり、餅屋でもある当店は「餅」の原料の「もち玄米」を契約農家さまから玄米のまま仕入れています
精米された新鮮な餅米を使用につきたて餅を製造しています

昔ながらの杵つき餅つき機で作る
美味しいつきたてのし餅

杵つき製法の餅つき機だから、程よく伸び程よく切れます
一般的な練り餅機ではなく、昔ながらのペッタンペッタンとつく
杵つき製法の餅つきです
一枚一枚丹念に作ります
もちの繊維自体をを切らずに搗きあげるので、よく伸び口の中で程よく切れます

正月もち|のし餅とは

つきたてのしもち

お正月におもちを食べる習慣は、平安時代の宮中での行事が由来のようです
お餅には幸せや豊作を司る年神様が宿る神聖なもので、縁起の良い物
ハレの日にだけ食べられるものでした
切れずに伸びるもちは、長寿を願う食べ物でもあったようです

ここ名古屋エリアでは、一般的に「のしもち」が食べられます
「のしもち」とはつきたての餅を四角い板状に伸ば(のす)したものです
ある程度、冷えてくると固くなってくるので、包丁などで四角い切り餅にします
その際、切り頃(タイミング)が重要です
冷えて固くなりすぎたり、逆に柔らかすぎても切りにくいので頃合いが大切です

米は米屋 餅は餅屋|玄米餅|こわもち|黒糖もち

ことわざで餅は餅屋といいますが、その道のプロに任せるのが一番良いという意味ですね
当店は米屋でもあり、餅屋でもあります
つきたてもちのもち米は、旨みと甘みを残した自家製米のあめ色仕立の二段うまみ精米で
100%契約栽培米もち米使用しています
(お米マイスターが厳選したもち米使用です)
つきたてもちは「冷水寝かせ仕込み」、檜のセイロで蒸し上げるので本来の旨みと
甘みが楽しめます
餅は餅屋、米は米屋だからできるこの味!!

玄米餅|こわもち|黒糖もち|つきたて餅の持ち帰り

炭火で焼くおもち

一般的な白いおもち、白もちのほかに、玄米もち、こわもち、沖縄黒糖もち、
よもぎ餅、豆もち、キビもちなどの種類のおもちがあります

名古屋のつきたてもちの販売は餅つき製法の善太郎Zentaro・小川屋米穀店へ
【冬季限定販売 11~3月まで】
お正月もちのご予約

毎週火曜日限定のお持ち帰りのお餅
※週によって製造するおもちの種類が変わりますので、お電話にてお問い合わせください
※つきたて「のし餅」のご注文は年中承ります
TEL :052-711-5070
9:00~18:00・日曜、祝日定休

餅レシピ・餅レンジ・餅アレンジ

お餅は地域によって様々ですが、焼餅に醤油、お雑煮などの伝統的な食べ方以外にも
さまざまな餅レシピ、餅アレンジがありますのでご紹介します


    最新情報はインスタグラムで